フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

フコイダン

掲載日:2019年5月28日

精巣がんの知識とフコイダン

精巣(睾丸)がんは、10万人に1人という珍しいがんです。

ですが、20~35歳までの男性が罹患する固形がんと範囲を絞ると、最もかかる方が多いと言われています。

 

精巣がんとは?


 

精巣がんとは精巣がんは精巣にある細胞ががん化することで発症するのですが、その95%は精母細胞(精子の元になる細胞)から発生します。

精母細胞など生殖に直接関わる細胞を生殖細胞や胚細胞と呼ぶので、精巣がんは胚細胞腫瘍とも言われます。

 

精巣がんの症状

精巣がんでは、主に精巣が腫れたり硬さが変わるなどの症状が現れますが、痛みや熱を発したりなどはっきりとした症状が少ないため、早期発見が難しいと言われています。

 

また、他の臓器などに転移しやすい性質を持っていて、肺やお腹のリンパ節に特に転移しやすいそうです。

肺に転移した場合には咳や息切れ、血痰が、腹部に転移した場合には腹痛や腹部のしこり、腰痛などが起きやすく、転移で起こるこれらの症状から精巣がんが発覚することも少なくありません。

 

精巣がんの危険因子

精巣がんの危険因子としては、主に次の3つが挙げられています。

①乳児・幼児の頃、停留精巣(精巣が陰のうに収まっていない状態)だった場合

②ご家族に精巣がんを発症した方がいらっしゃる場合

③反対側の精巣ががんになっていた場合

 

精巣がんの分類

精巣がんは、大きくセミノーマ非セミノーマの2種類に分類されます。

 

セミノーマ:腫瘍が精上皮腫のみで構成されている場合に分類されます。

非セミノーマ:腫瘍が精上皮腫以外(絨毛がんや胎児性がん、奇形がんなど)を含んでいたり、精上皮腫のみでも腫瘍マーカーのAFP(α-フェトプロテイン)が高い場合に分類されます。

 

これらは腫瘍マーカーや細胞診などから判断されるのですが、その分類によって異なる治療法が選択されます。

 

 

精巣がんの治療法


 

精巣がんは、転移が見られない場合(Ⅰ期)には手術で腫瘍を切除することが多いとされています。

 

Ⅱ期以上の場合にはBEP療法(ブレオマイシン+エトポシド+シスプラチン)による抗がん剤治療が選択され、腫瘍が縮小したら手術で切除するのが一般的です。

また、放射線治療が有効と言われているセミノーマ(Ⅱ期)は、抗がん剤治療ではなく放射線治療が選択されることもあります。

 

一方、放射線の効果が低いと言われている非セミノーマの場合は、Ⅱ期以降では抗がん剤治療が行われたあと、後腹膜にあるリンパ節を切除することが多いそうです。

 

希少がんの1つと言われている精巣がんは、適応されている治療方法が多いとは言えません。

しかし、比較的予後は良いとされているので、しっかりと抗がん剤治療を受け手術に持ち込む、というのが大切です。

 

 

パワーフコイダンの摂取について


 

パワーフコイダン

精巣がんは若い方に発症しやすいため、がんの治療と並行して、学業やお仕事と両立されている方が多くいらっしゃいます。

そんな方には、持ち運びやすいパワーフコイダンCGカプセルタイプをおすすめいたします。

これらは、外出先でも手軽に飲用することができると多くのお客様からお声を頂戴しております。

他にも、液体タイプ(標準無糖)がお好きなお客様の中には、CGやカプセルを携帯用としてお求めいただいている方もいらっしゃいます。

 

お客様のお好みや生活スタイルにあったパワーフコイダン選びについては、フコイダン専任スタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ!

(フリーダイヤル:0120-166-159)

 

また、治療内容にあった最適なパワーフコイダンの飲み方については、フコイダン専門医と直接お電話でご相談いただける無料電話相談サービスもおすすめです。

お電話相談をご希望のお客様は、当店にお電話、もしくは当店ホームページのお電話相談のページからお申し込みください。

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら