フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

今も続く低分子化フコイダン研究

九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門システム生命学講座細胞制御工学分野細胞制御工学教室の白畑實隆元九州大学名誉教授が中心となり、2002年より低分子化フコイダンの基礎研究を開始しました。

現在は、同教室の照屋輝一郎助教が白畑先生の意志とこれまでの共同研究成果を引き継ぎ、低分子化フコイダンの作用機序解明に向けた基礎研究も継続実施しております。

プロフィール

白畑先生の統合医療にかける情熱、そして多くの医師から一目置かれている存在に心を動かされ、低分子化フコイダンの研究に参加されました。

現在は、白畑先生の意志を引き継ぎ、さらなる成果を出すために臨床医と協力しながら研究を積み重ねられています。

プロフィール

1995年 九州大学大学院 農学研究科遺伝子資源工学専攻 博士課程修了 農学博士
1995年 岡山大学医学部附属 分子細胞医学研究施設細胞生物学部門 助手に就任
1996年 財団法人神奈川科学技術アカデミー生体シグナル伝達プロジェクト研究院
1997年 九州大学大学院 農学研究科遺伝子資源工学専攻 助手に就任
2007年 九州大学大学院 農学研究院遺伝子資源工学部門 助教に就任

著書

・「研究に基づいたがん治療の選択」

プロフィール

低分子化フコイダン研究の第一人者であり、数々の研究成果を学会等で発表されてきました。フコイダンという大きな可能性を持つ成分を科学的に実証する事で、多くの方の健康に役立てられるという熱い想いを持って、フコイダンの研究に取り組まれてきました。

プロフィール

1978年 九州大学大学院 農学研究食糧化学工学専攻 博士課程修了 農学博士
1987年 米国オレゴン州立大学に訪問助教授として留学
1989年 九州大学助教授に就任
1995年 九州大学大学院 遺伝子資源工学部門細胞制御工学講座教授に就任
2016年 九州大学名誉教授に就任

著書

・「知ってよかった!今日から始まるあきらめないがん治療」
・「がんと生きる」
・「あなたの知らない―新しいがん治療」
・「末期ガン克服への挑戦 統合医療による快復症例の解明」
・「ガン統合医療でフコイダンが注目される理由―気鋭の医師・研究者による臨床・研究報告」

image

2002年、低分子パワーフコイダンの本格的な研究が九州大学で始められました。低分子化フコイダンの研究では、フコイダンの持つ作用機序の解明を目指し、確実なデータを積み上げています。
2008年には、ノーベル医学・生理学賞の選考委員会を有する権威あるカロリンスカ研究所(スウェーデン国)の先生方を九州大学に招き、低分子化フコイダンについての議論を深められました。2011年には同研究所に招待され、低分子化フコイダンの研究成果が発表されました。

image

白畑名誉教授と照屋助教は、パワーフコイダンの更なる成果を求めて実績を重ね、その中である成分との「驚くべき出会い」を果たしました。
ある成分とは、「ナタマメ」だけに含まれる「コンカナバリンA」という成分です。長年研究を続けてこられた低分子化フコイダンとコンカナバリンAを掛け合わせる事により、健康維持効果が大幅に向上するという研究成果に辿り着きました。この成果を活かすべく、そこから5年の歳月をかけてより深い研究を続けられた結果、2016年にパワーフコイダンCGという商品として世に送り出されました。

主な研究発表
2011年 北京・スウェーデン・オーストリア・大連で研究発表
2011年 PLoS ONE(プロスワン)誌で論文を発表
2012年 北海道で開催された「第71回日本癌学会学術総会」で研究発表
2014年 神奈川県で開催された「第73回日本癌学会学術総会」で研究発表
2015年 愛知県で開催された「第74回日本癌学会学術総会」で研究発表
2017年 神奈川県で開催された「第76回日本癌学会学術総会」で研究発表
image

現在、低分子化フコイダンは多数の医療機関と連携し、臨床が継続されております。そして、2017年2月にはフコイダン史上初となる臨床研究論文が"Integrative Cancer Therapies ジャーナル"に掲載されました。

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら