フコイダン(ふこいだん)を通販でお届け。

フコイダン

掲載日:2016年2月10日

低分子パワーフコイダンについて

フコイダン商品一覧

国立九州大学大学院にて白畑實隆教授率いる研究チームが長年にわたり研究を続けているものこそがパワーフコイダン(研究名:低分子化フコイダン)です。

白畑教授は、パワーフコイダンの研究を始める前から、食べ物や水を通じての健康効果について日々研究を続けられていました。1人の医師を通じてフコイダンに出会った白畑教授は、褐藻類から抽出されたヌメリ成分フコイダンを抽出し、その分子を小さくして濃縮した低分子化フコイダンというサプリメントに大きな可能性を感じられたそうです。そして、低分子化フコイダンの基礎研究として、そのメカニズムの研究に乗り出されました。今では、多くの医師と連携し、低分子化フコイダンの様々な症例やデータを積み重ねております。

 

トンガモズクが自生する海 フコイダンは原料となる海藻によって構造が異なります。パワーフコイダンの原料となるのは、南太平洋の島国トンガ王国で採取されるモズクです。トンガ王国産のモズクは、他の海藻と比べてもフコイダンが豊富であり、主にL-フコースという糖で構成されています。硫酸基の含有量が多いのも大きな特徴の1つです。

そのトンガ王国産モズクからフコイダン成分を抽出し、脱塩後、特殊な酵素で20~80万だった分子量を500分子以下まで低分子化します。パワーフコイダンは、その安全性を確認するために、エイムズ法という遺伝毒性試験だけでなく、マウスでの急性毒性試験等も行われ、人体に用いても安全であることが証明されています。

癌学会での白畑教授と照屋助教白畑教授は、これまで数々の研究成果を論文や学会で発表し、世界中に広めてきました。研究を始めた当時は、フコイダンの知名度も低く、なかなか受け入れられませんでしたが、成果を発表し続けることで、生物学、薬学、そして医学などのさまざまな分野の専門家に驚きを持って受け入れられ、今では興味を持ってくださる方も増えてきています。

また、ノーベル医学・生理学賞の選考委員会を有することで知られている、世界最高水準の研究機関「カロリンスカ研究所」でも4度の研究発表をされております。

超低分子フコイダンは、実績と安全性を兼ね備えた最高のフコイダン製品なのです。

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら