フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

土井龍雄先生の健康講座

掲載日:2018年2月28日

肩甲骨を柔軟に保ちましょう!

以前に比べると、ウォーキングを取り入れている方が増えてきたように思えます。

街中や公園などで見かけると、少し嬉しい気持ちになりますね。

 

しかし時折、腕を前へ振れていても、後ろへは上手く振れていない方がいらっしゃいます。

 

そこで今回は、スムーズな歩行を行う上で重要なことについて見てみましょう。

 

歩行の”リズム”=腕の振り+肩甲骨の動き


 

歩行のリズムと腕の振り

腕を振りながら歩く

ウォーキングをする際は、リズムが大切です。

脚を前後に動かすタイミングや腕を振るタイミング、そして呼吸のタイミング、これらのリズムが乱れてしまうと、スムーズな歩行を行うことができません。

 

また、大きく腕を振ることで、強い推進力を得ることができます。

例えばオリンピックなど、陸上競技会で走るランナーの様子を想像してみると、選手たちの多くが、腕を前後に大きく振りながら走っています。

つまり、速く走るには腕の振りから得られるパワーが欠かせません。

 

日常的なウォーキングではそこまでのパワーはいりませんが、歩行をスムーズに行うには、リズムに合った腕の振りが必要です。

 

肩甲骨の大切さ

肩甲骨の可動域腕をリズムよく振るには、腕だけではなく、その基盤となる肩甲骨の動きを良くする必要があります。

肩甲骨を動かすための筋肉は、肩や背中に多くあるのですが、これらの筋肉は加齢とともに柔軟性を失ってしまいます。

すると、肩甲骨の可動域が狭くなり、腕を余計に振るようになることで、肩にある関節を痛める原因となります。

 

そのため、肩甲骨の柔軟性と可動域を保つことが重要になります。

 

肩甲骨のストレッチ


 

肩甲骨の動きをよくするために、おすすめのストレッチ法を2つご紹介します。

 

【ストレッチ法① 肩甲骨を開閉させましょう】

肩甲骨の開閉運動 息を吐きながら、体の前へ肩と腕を伸ばします。
息を吸いながら、元の位置へ戻ります。
息を吐きながら、胸を開くように肘を後ろへ引きます。
息を吸いながら、元の位置へ戻ります。

 

【ストレッチ法② 肩甲骨を上下させましょう】

息を吐きながら、ご自分の耳に近づけるように肩を上げていきます。
息を吸いながら、肩を戻します。
息を吐きながら、腕と肩を下へと押し下げましょう。
息を吸いながら、肩と腕を元の位置へ戻します。

 

 

どちらのストレッチも、肩甲骨をゆっくり動かすよう意識しながら、5~10回を目安に行ってください。

 

いかがでしたか?

肩甲骨のストレッチをすると、歩行をスムーズに行いやすくなるだけではなく、肩周りがほぐれることで肩こりの解消にも役立ってくれます。

「少し肩がこったかな」という時には、是非上記のストレッチを取り入れてみてくださいね。

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら