フコイダン(ふこいだん)を通販でお届け。

健康・美容

掲載日:2017年5月30日

紫外線について知ろう!

小麦色に日焼けしたきれいな肌は、健康的な魅力がありますよね。

しかし!太陽光に含まれる“紫外線”は、肌に大きく影響を与えることがわかっています。

夏本番を前に、紫外線の豆知識をお伝えしたいと思います!

 

 

紫外線の種類


紫外線は波長の違いによって、紫外線A波(UV—A)・紫外線B波(UV-B)・紫外線C波(UV-C)と、大きく3種類に分けられます。

波長が短いものほど、肌への影響が大きくなります。

 

紫外線A波(UV-A)

紫外線の中では最も波長が長く、私たちが浴びている紫外線の9割はこの紫外線A波(UV-A)と言われています。

紫外線A波(UV-A)は、肌の表面を突き抜け奥深くまで浸透します。奥深くに浸透したし紫外線A波(UV-A)はコラーゲンや線維を切断し、しわやたるみといった肌老化の原因となります。

 

雲やガラスも通過するので、雨の日や室内にいるからと言って、油断は禁物ですね。

 

紫外線B波(UV-B)

降り注ぐ紫外線の全量からみると10%にも満たない紫外線B波(UV-B)ですが、影響力は紫外線A波(UV-A)の何百倍と言われています。

肌表面までしか届きませんが、日焼けによって赤く炎症(やけど)を引き起こします。

シミやそばかすの原因となるだけでなく、皮膚がん・白内障・免疫力低下の原因にもなります。

 

最も多く降り注ぐ時期は5月~8月で、晴れた日に屋外で活動をする場合は、日焼け対策を徹底することが大切です。

 

紫外線C波(UV-C)

紫外線C波(UV-C)は、最も有害な紫外線です。殺菌力も強く、人工的に作り出して殺菌灯として使用されていることもあるそうです。

現在では、太陽から降り注ぐ紫外線C波(UV-C)はオゾン層によりほとんどが吸収されているので、日常生活の中で浴びる事はありません。

 

紫外線の対策


【日焼け止め】

紫外線対策にとって、日焼け止めは欠かせないアイテムです。

日焼け止めの効果は「SPF」「PA」によって分けられているので、目的などに合わせて選ぶとよさそうですね。

 

 

 

☆SPFとは?

SPAは、紫外線B波(UV-B)のカット力を表しています。

「SPA1=20分」で計算するので、SPA25の商品だと約8時間、肌が赤くなるのを防いでくれるということになります。

 

☆PAとは?

PAは、紫外線A波(UV-A)を防ぐ力を表しています。

「+」の数で効果の強弱を表しており、「PA++++」が最高値となります。

 

日焼け止めや水や汗で取れてしまいますので、出来るだけこまめに塗りなおす癖をつけて、紫外線から肌を守りましょう!

 

日傘

最近では女性だけでなく、男性にも日傘を愛用する方が増えてきているようです。

日傘は、直射日光を約90%も遮断してくれ、黒などの暗めの色だと、より日差しを通しにくいといわれています。

 

 

帽子

つばが7cm以上あると、顔にあたる紫外線を約60%カットしてくれると言われているので、帽子を選ぶときは、なるべくつばの広いものがお勧めです。

 

 

肌を守るためにも紫外線が与える影響を知り、しっかりと対策をしていきましょう!

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら