フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

健康・美容

掲載日:2018年11月9日

寒い季節に起きる頭皮トラブル

寒い季節の頭皮トラブル11月に入り気温が下がってきたのに、頭皮のニオイやかゆみを感じたり、フケが増えた…と、お悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

今回は、このような症状の原因と、予防・対策法をご紹介します!

 

 

 

頭皮トラブルの原因


 

頭皮トラブルこれからの寒い季節に起きる頭皮トラブルの原因で、最も多いのは冷え乾燥です。

そして、帽子などの防寒具もトラブルの原因となってしまうと言われています。

 

 

原因① 冷え

気温が下がると、汗をかきにくくなりませんか?

汗の量が減ると不要な角質がはがれにくくなったり、老廃物が排出されにくくなります。

これらが頭皮に溜まることで、細かいフケが落ちる原因になってしまいます。

 

原因② 乾燥

肌が乾燥すると、毛穴から皮脂をたくさん出して乾燥から守ろうとします。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まったり、頭皮に残った老廃物などと混ざることで、雑菌が繁殖しニオイの原因になってしまいます。

 

原因③ 防寒具による蒸れ

寒くなると、帽子などの防寒具を使う方も増えるのではないでしょうか?

これらによって頭部に熱がこもって蒸れると、ニオイがより強くなってしまうと言われています。

 

 

「寒いし汗もかかないから」と油断していると、知らないうちに頭皮がダメージを受けているかもしれません。

頭皮を健やかに保つことでこれらの症状が起きにくくなり、また、症状の改善にも繋がります。

 

頭皮を健やかに保つポイント


 

頭皮を健やかに保つポイントは「落とす」「刺激しない」「乾かす」の3つです。

 

【ポイント① 落とす】

木のブラシ不要な角質や老廃物を落としやすくするために、入浴の前にブラッシングしてみましょう。

左の写真のように木でできたブラシや、先が尖っていないものがおすすめです。

 

また、頭を洗う前に浴槽に浸かることで、不要な角質がふやけて頭皮からはがれやすくなり、しっかり落とすことができます。

 

【ポイント② 刺激しない】

シャンプー「頭皮を綺麗にしないと!」と指先に力を入れて洗うと、それが刺激になりかえって乾燥が悪化してしまうこともあるそうです。

ゴシゴシと強く洗うのではなく、指の腹や親指の付け根で優しくマッサージするように洗いましょう。

 

【ポイント③ 乾かす】

ドライヤー皆様は日頃ドライヤーをする時、どこから乾かしていますか?

髪の毛から乾かすと、頭皮に水分が残りやすくなり、きちんと乾くまで時間がかかってしまうそうです。

そのため、髪の毛ではなく頭皮からしっかり乾かし、雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

また、お風呂から出たあとになるべく早く髪の毛を乾かすと、雑菌が増えにくい環境になります。

 

もし、頭皮や髪を乾かさずに眠る習慣がある方は、毎日きちんとドライヤーをすることから始めてみてくださいね。

 

【もしも改善されなかったら】

すでに頭皮トラブルにお悩みの方で、これらのポイントに気をつけても改善が見られない方は、頭皮が炎症を起こしているのかもしれません。

その場合は、皮膚科の先生に相談してみることをおすすめします。

 

 

 

いかがでしたか?

頭皮のニオイやフケに悩んでいた方は、是非これらのポイントを実践してみてくださいね(^^)

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら