フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

フコイダン

掲載日:2018年5月24日

前立腺がんの知識とフコイダン

各種がん治療の知識とフコイダンシリーズ第4弾は、中高年の男性の罹患率が高い「前立腺がん」について紹介いたします。

 

前立腺がんは、男性の罹患率が胃がん・大腸がん・肺がんに次いで4番目に高いがんです。前立腺がんの発生には男性ホルモンが深く関係しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響すると考えられています。

 

前立腺がんとは?


 

前立腺がんとは、その名の通り前立腺に発生するがんです。精巣や副腎から分泌される男性ホルモンの刺激で病気が進行する性質を持ちます。前立腺がんは、早期に発見ができれば治癒することが可能です。また、比較的進行がゆっくりである事が多いがんでもあります。

また、進行がゆっくりで寿命に影響しないと考えられる場合もあり、すぐに治療を行わず、監視療法というPSA数値や直腸診などの検査のみを定期的に行い、必要であれば治療の開始を行うケースもあります。

 

前立腺がんの治療方法


 

治療方法はがんの進行程度や体の状態などを見て検討されます。前立腺がんの治療は、主に以下の4つの方法が挙げられます。

 

【手術】

がんが前立腺の中にとどまっていて、10年以上の余命が期待できる場合は前立腺全摘術が最も治療効果の高い方法だと考えられています。

 

【放射線治療】

転医のない前立腺がんに対して、治癒を目的として行われます。また、骨転移が原因で起こる痛みや治療の骨折予防のために行うこともあります。

 

【抗がん剤治療】

ホルモン療法が効かない場合や、効果がなくなった時に抗がん剤治療が行われます。しかし、前立腺がんで承認されている抗がん剤は非常に少なく、1つの薬剤を高い効果でどれだけ長く使えるかが勝負となります。

 

【ホルモン療法】

男性ホルモンの分泌や働きを妨げれば、がんの勢いを抑えられるため、男性ホルモンの分泌を妨げるホルモン剤を使用します。ホルモン療法は、転移がある場合や年齢、合併症等の理由で手術や放射線が難しい場合に行われます。

 

パワーフコイダンの摂取について


 

 

前立腺がんとパワーフコイダンの併用では、特に気を付けることはありません。ご自身の生活スタイルに合わせてパワーフコイダンを選んでいただくと良いでしょう。

状況にもよりますが監視療法の場合などは、吉田先生から少量ずつの摂取をアドバイスされることもあります。そんな時は、1,800mlのパワーフコイダンよりも個包装になっているパワーフコイダンCGカプセルタイプの方が扱いやすいかもしれませんね。

前立腺がんと併用での飲用を検討中で、ご不明点があるお客様はお気軽に当店までお問い合わせ下さいませ♪

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら