フコイダン(ふこいだん)を通販でお届け。

健康・美容

掲載日:2017年4月6日

健康習慣-食事編-

健康寿命を延ばすためにも、日々の生活習慣はとても大切です。

健康習慣-行動編-』に引き続き、今回は今からできる健康習慣-食事編-をご紹介したいと思います♪

 

 

 

食生活のポイント


 

食生活の基本的なポイントは、3食バランス良く食べるよく噛んで食べる食べる順番に気を付けるです。

 

1、3食バランス良く食べる

不規則な食事をしてしまうと間食を招き、カロリーオーバーや栄養が偏ってしまう可能性もあります。1日3食、バランスの良いメニューを食べることで栄養バランスが整います。

 

2、よく噛んで食べる

昔から、「1口30回は噛みましょう。」と言われますよね。よく噛むことで腹八分目程で脳が満腹感のサインを出すため、食べ過ぎを防ぐことができます。よく噛むことで食べ物が細かい状態で体内に入るので、その後の消化活動もスムーズに行われます。

 

3、食べる順番に気を付ける

食べる順番を一工夫するだけで、血糖値の上昇を緩やかにさせることができます。まずは一口ご飯を食べてしまう人も多いと思いますが、「野菜→海藻・肉や魚→ご飯」といった順番で食べることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

 

食事は1週間単位で考える!


 

「よしっ!健康のために食生活を見直そう!!」と気合いを入れたは良いものの・・・毎日きちんと実践することは難しいですよね。もちろん、毎日健康的な食生活を送るにこしたことはないですが、頑張りすぎて三日坊主ということもあります。

まずは、1週間を一括りとして考えながら週ごとに改善すると、無理なく継続することができて、自然とその習慣が身に付いていきます!

 

《 1週間単位での食生活改善実践法 》

 

●脂っこいものを多く食べてしまったり、食べ過ぎてしまった週の翌週は減食する

減食といっても、ここでいう減食とは食べる量を減らすわけではありません。カロリーが低い食品やGI値が低い食品を摂るようにしましょう。基本的に、GI値が低い食べ物=低カロリーと考えて良さそうです。(キノコ・魚介類・赤身のお肉など…)

※食べ過ぎは禁物です。

 

 

 

●食事のバランスを確認する

食事の量やバランスは、自分では気付かないうちに偏ってしまっている場合もあります。時々、食事内容のチェックを行い、「食事バランスが乱れていないか」を確認するようにしましょう。野菜が不足していた場合は、翌週は緑黄色野菜を多めに摂ることを心がけてみてください。

この方法に慣れてきたら、3日を一括りとして考えるようにすると、より効果的です!

 

身体を健康な状態に保つためには、バランスのとれた食事・適度な運動・十分な睡眠がとても重要となります。日々の生活を振り返り、これらの乱れに気付いた時は、持続可能な範囲で焦らず時間をかけて改善してみてください。

 

 

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら