フコイダン(ふこいだん)を通販でお届け。

フコイダン

掲載日:2016年3月3日

低分子フコイダンと高分子フコイダンの違いとは?

低分子?高分子?

「栄養成分フコイダンを生活に取り入れよう!」とインターネットなどで調べはじめると、各メーカーのフコイダン製品によって様々な違いがあり、どの製品を選べば良いのか分からなくなってしまいますよね。当店にも毎日フコイダンについてのご質問が多く寄せられます。

 

 

中でも多いご質問がフコイダンの分子量についてです。そこで、今回は高分子フコイダン・低分子フコイダンについて詳しくご説明いたします♪

 

そもそも分子量って何??


 

まず、分子は炭素や水素、窒素、酸素などの原子が結合してできた粒子のことで、物質の最小単位とされています。分子量とは、この分子を構成する原子の総和のことです。よく目にする高分子・低分子とは、その製品に含まれているフコイダン成分の分子量を示します。フコイダンに限らず、分子量という表現はサプリメントや健康食品で多く使われていますよね。健康食品だけでなく、わたし達が服用する薬の一部でも低分子のものがあります。それだけ、分子量は重要ということです。

 

高分子フコイダンと低分子フコイダンの違いとは??


 

 

DSC03947

分子量の大きいものは高分子フコイダン、分子量を小さくしているものが低分子フコイダンと呼ばれています。フコイダンが高分子と低分子に分かれている理由・・・それは吸収率の違いです。

 

 

人間が食物を歯で噛み砕いて胃で溶かし、十二指腸に送り込むことができる大きさは約3,000~4,000分子といわれています。しかし、フコイダンは通常分子量が20万分子を超えている高分子の成分になります。このままの状態では人間は体内にフコイダン成分を吸収することができず、胃や腸などの直接触れる臓器の環境を整えながらほとんどが排出されてしまいます。フコイダンの働きを最大限引き出すためには、低分子化することが不可欠です。

 

低分子フコイダンの必要性


 

CIMG1073前述したように、低分子化されていないと体内で吸収ができず、栄養成分としての役割をほとんど果たすことなく体外に出てしまいます。フコイダン研究の第一人者である九州大学 白畑實隆教授は、世界中で研究が進められ、医学界でも注目を集めているフコイダン成分の低分子化にこだわり続けてきました。それはフコイダンを低分子化することにより、効率良く体内へ吸収させ、高分子フコイダンのままだと触れることのない臓器にもフコイダンを行きわたらせるためです。低分子化することにより栄養素を吸収しやすくするだけでなく、胃腸の弱っている方や体力・免疫力が落ちてしまっている方、ご高齢の方にも体への負担をほとんどかけることがありません。

 

50d3beba60f50715656409b755019fb5_s

では、「高分子のフコイダンは意味がないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。決してそうではありません。高分子フコイダンを体内へ吸収させることは難しいですが、腸内環境を整えたり、胃の粘膜を保護してくれたりと、直接触れる部分には良い影響を与えてくれます。

 

 

低分子フコイダンと高分子フコイダンの違いについて、ご理解いただけたでしょうか?高分子フコイダンは直接触れる部分へ、低分子フコイダンは血液に乗って全身に行きわたり、フコイダンの力を発揮すると考えられています。

 

 

 

名称未設定-1

もちろん、フコイダン製品を選ぶにあたり分子量だけで判断するのではなく、研究機関や実績など総合的に見て判断することが大切です。低分子パワーフコイダンについてのご質問は、当店のフコイダン専任スタッフまでお気軽にお電話下さいませ♪

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら