フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

フコイダン

掲載日:2018年3月29日

サプリメントのエビデンス

エビデンス(科学的実証)という言葉を聞いたことはありますか?

医学において、EBM(エビデンス・ベースド・メディスン)=科学的根拠に基づく医療という言葉が浸透し、私たちの耳にも“エビデンス”という言葉が入ってくることも少なくありません。

 

エビデンスの大切さは、医療現場だけでなく、パワーフコイダンのような健康食品やサプリメントにおいても当てはまります。近年、有効性が科学的に確立されないまま販売され、その商品がお客様の手に簡単に届いてしまっています。

 

メディアで「〇〇という成分が健康に良い」と紹介されると、たちまち、その成分が含有されている商品が売り切れてしまう事があります。しかし、購入する前には安全性と有効性が科学的に確認されている商品かどうかを必ず確認しなければなりません。

 

正しい情報を確認する方法


 

安全性と有効性に対する科学的エビデンスを確認するためにも、そのサプリメントについての科学的な研究(基礎研究)が行われているかを確認しなければなりません。

 

サプリメントや使用される成分(物質)について、安全性が確認されているものでなければ、安易に摂取する事はお勧めできません。そのサプリメントを使い続ける事で、肝臓に負担をかけてしまったりなど、健康被害が生じてしまう可能性もあります。

 

だからこそ、安全性と有効性が科学的に確認されていることが重要となります。

 

研究成果の発表実績


 

基礎研究が行われていたとしても、その研究についての成果が出ていなければ意味がありません。

 

まずは、科学論文の発表実績があるかを確認してみてください。学術誌に論文が掲載されているのであれば、掲載前に専門家によって研究手法やその結果が正しいかを審査されています。その論文が、海外の専門誌に掲載されているのであれば、その研究は世界的にも通用する成果を出しているという事だとも理解できます。

 

さらに、研究が基礎研究だけでなくヒトを対象とした臨床研究が行われているのであれば、信頼性は高まります。

 

パワーフコイダンの研究実績


 

パワーフコイダンは、九州大学の基礎研究と医療機関による臨床研究において、さまざまな成果をあげてきました。
これまでの実績は以下の通りです。

 

■ 九州大学の基礎研究 ■

-2017年9月 第76回日本癌学会学術総会

 

-2015年10月 第74回日本癌学会学術総会

 

-2011年11月 PLoS ONE誌で論文発表 ※下記URLより、自由に読むことができます。

“Fucoidan extract induces apoptosis in MCF-7 Cells via a mechanism involving the ROS-dependent JNK activation and mitochondria-mediated pathways”
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0027441

 

 

-2011年5月 2011第四届世界癌症大会(中国大連)

 

-2010年9月 第69回日本癌学会学術総会

 

-2010年3月 日本農芸化学会2010年度大会

 

■ 医療機関による臨床研究 ■

-2017年2月 Integrative Cancer Therapies誌に論文掲載
http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1534735417692097

-2016年6月 第21回日本緩和医療学会学術大会

 

-2016年6月 ANNUAL MEETING ON SUPPORTIVE CARE IN CANCER

 

-2015年12月 第28回バイオセラピィ学会学術集会総会

 

-2015年11月 第12回国際SIO会議(国際統合腫瘍学会)

 

-2015年10月 第74回日本癌治療学会学術集会

 

 

パワーフコイダンの研究実績については、コムネットまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら