フコイダンのサプリメントを通販でお届け。

コムネットの活動

掲載日:2015年3月1日

トンガ政府とコムネット

“トンガ王国”という国をご存知でしょうか?

 

トンガ王国は人口が約10万人、対馬ほどしかない小さな島国です。

南太平洋に位置するトンガ王国は、古来より『トンガタプ(南の聖なる島)』として尊重されてきました。決して触れてはいけない事を英語でタブーと言いますが、この語源はトンガタプのタプだと言われているそうです(^^)

トンガ王国には温かく親しみやすい人が多い事から、別名『フレンドリーアイランド』とも呼ばれています!

 

今回のブログでは、トンガ王国とコムネットが交流するようになったきっかけなどを、皆様にも紹介したいと思います♪

 

トンガ王国といえば、ラグビーが有名ですよね。トンガ王国の方とお会いするきっかけは、以前からパワーフコイダンをご愛飲いただいている元ラグビー選手の大西一平様のご紹介でした。

 

パワーフコイダンの原材料はトンガ王国産モズクです。パワーフコイダンは発売当初から、トンガ産モズクにこだわり続けてきました。その理由は、九州大学が研究するパワーフコイダンには、トンガ産モズクの構造が欠かせないからです。

その他にも、ミネラル豊富でヨードなどの有害物質が検出されていないトンガ産モズクは、毎日摂りいれる健康食品の原材料としては、優れた点が多々ある事も理由として挙げられます。

 

食への安全性が重要視される昨今、原材料についてもお客様に知っていただく必要があると感じていたコムネットの考えを知った大西様は、早速、駐日トンガ王国大使であるタニヤ氏にその話をしてくれたそうです。

 

「トンガ王国の特産品や自然を日本の方に知っていただく素晴らしい機会ですね。」とタニヤ氏も喜んでくださり、コムネット社長とタニヤ氏が日本でお会いする事となりました。

 

タニヤ氏とご対面


 

穏やかで優しい人柄のタニヤ氏とは、とても良い時間を過ごしました。

「トンガ王国と日本の交流を深める事で、平和とお互いの発展に繋がる」というお話しや、「トンガ王国の文化」のお話しなど、貴重な時間を頂けた事を心から感謝しております。

そして、タニヤ氏から「コムネットさんの熱い気持ちが伝わりました!今後、友好関係を深めていく為にもトンガ王国政府と対談をしてみてはいかがでしょうか?」という有り難いお言葉も頂戴いたしました。

 

このタニヤ氏との出会いが始まりとなり、2015年2月にトンガ王国にて政府関係者の方々と対談できる事となりました。

ご注文はこちらから
資料請求はこちら お試しパックはこちら